<< JAZZ | main | 銘木 >>
2009.03.15 Sunday

管理建築士

0
    管理建築士ってなに?
    建築業界の方にはなじみのある言葉ですが、一般にはあまり知られていないのでないかと思います。
    先日、昨年の法改正で義務化された管理建築士講習を受けてきました。
    耐震偽装問題、いわゆる姉歯事件をきっかけに建築基準法や建築関係制度の見直しがなされ、法改正の施工が段階的に行われています。
    設計事務所には一級、二級、木造建築士事務所の3種類があってそれぞれの事務所には一級、二級、木造建築士である建築士を選任の管理建築士として置くことが義務付けられています。今までは管理建築士は建築士でさえあればよかったのですが、今回の改正で建築士としての実務経験3年以上、指定機関が行う講習課程の終了という要件が加わり、より高い能力を求められるようになりました。
    講習内容は、今まで当たり前にこなしていた日々の業務なのですが、再確認できた内容もあり、社会的にもとても責任のある立場であることを改めて認識でき、とても良い機会でした。
    今回の京都での講習は、京都国際会館のアネックスホールで行われました。

    kokusaikaikan01

    京都国際会館と言えばお台場のフジテレビ本社などで有名な丹下健三氏の門下生である大谷幸夫氏の設計で、私的には講習よりも建物の方に興味心身でした(ちがうかっ?)
    とても迫力があり、威圧感のある建物です。曇天で、要塞のようでした。

    kokusaikaikan02

    kokusaikaikan03

    kokusaikaikan04