2012.11.02 Friday

桂離宮

0
    桂離宮

    20年ぶりに見に行ってきました。
    今、事務所にインターンシップに来ているフランス人の学生とスタッフと共に。

    初めて桂離宮を見学できることに浮かれてしまったスタッフが、
    予約のカードを忘れてしまったというハプニングもありましたが(笑)
    何とか無事入ることができホッと一息。

    20年前に学生の頃訪れた時の記憶はほぼ残っていなくて・・・あの頃は何を見ていたのだろう・・・?
    あれから20年間建築の世界に生き残り、今になって見ると、なんて素晴らしい所なんだろう!
    とてもモダンでミニマルなデザインに感じました。
    とても線の細い数寄屋建築はもちろん素晴らしいのですが、見せ方に感動しました。
    訪れる人をもてなす気持ち、シークエンスを存分に楽しみました。

    写真は「笑意軒」という茶室。欄間が空いている為天井がひとつながりで空間がとても広く感じ、
    天井に当たる自然光が間接照明の様で、とても幻想的でした。

    人工的に作られた庭ではあるが、四季による自然の風景を最もよく見せるように工夫された空間や素材、気遣い
    とても勉強になりました。

    このような建築を作れるようにがんばろう!




    2010.05.22 Saturday

    雑誌掲載

    0
      リクルート発行のGoodリフォーム2010/7月号に「鶴橋の家」が掲載されました。



      2010.04.23 Friday

      高崎哲学堂

      0


        アントニン・レーモンド設計の高崎哲学堂(旧井上房一郎邸)
        これはレーモンドの自宅兼事務所に惚れ込んだ井上氏がレーモンドの了解のもと自宅として複製を建築したものである。
        空間の作り方や窓の取り方(外部空間(景色)の取り入れ方)、家具や造作のディティールなど細部に至るまできっちりデザインされていて、学ぶべきところが満載でした。
        とても気持ちのいい空間です。






        2010.04.22 Thursday

        竹原義二展

        0


          先日、東京のプロジェクトの打合の合間に
          ギャラリー間で開催中の竹原義二展を見てきました。
          竹原さんは僕が学生時代にかなり影響を受けた建築家の一人で、リビングの窓の向こう側にダイナミックな自然石の石垣が見え、そこにうっすらと光が射しているる住宅が、とても印象に残っています。
          学生時代にも少し無有建築工房にバイトに行ったこともあり、そこでの印象はハーレーで出勤されるとてもダンディーな建築家です。
          展覧会は住宅の原図と模型が展示されていて、手描きの原図はかなり見ごたえありました。
          今の時代、図面はほぼCAD化されていますが、あの手描きの図面は迫力ありますね。図面というよりドローイングと言った方がよい。
          CADでは、内容はよく解っていなくても簡単にコピー&ペーストできてしまうが、手描きの図面は建築、ディティールが解っていないと描けないと思います。線の強弱の付け方など、製図力とういう技術も問われます。
          それに絵心も必要ですね。
          機会があればもう一度見に行きたいと思っています。
          2009.05.14 Thursday

          spiral 2

          0
            こちらもスパイラル。
            表参道のGYRE。
            cafeテラスからはけやき並木の上から東京の街と空を見渡すことができとても気持ちいい!


            2009.05.13 Wednesday

            spiral 1

            0
              モード学園スパイラルタワーズ
              名古屋に着くとまず目につく新しいランドマーク。









              2009.04.29 Wednesday

              宇宙船

              0


                東急東横線の渋谷駅。
                設計は安藤忠雄さん。地中に浮く宇宙船のイメージだそうです。
                地下なので全体像を見ることはできず、断片的にしか見れないが、とてもダイナミックで近未来的な空間で、ガンダム世代の僕には何となくそんなイメージを連想させられます。
                安藤さんの建築はその場に立ってみて改めてダイナミックな力強さやエネルギーを感じますね。